キャッシング 借金 無料相談

キャッシングの借金を弁護士に無料相談する方法

 

キャッシングカードは便利で、ついついキャッシュカードのような感覚で使ってしまいます。
気が付くと、元金はもちろん金利もすごい額になっていて返済ができないという状況になってしまった・・・そういう方が増えています。

 

でも自分で借りたのは事実だし、全額返済するしかない。返済が出来なくなったら自己破産するしかない。

 

そう思っていませんか?

 

キャッシング 借金 相談

 

 

あなたのキャッシングの借金、減額できるかもしれません。

 

そんな馬鹿な・・・と思うかもしれませんが、金融会社は自己破産されてしまうと1円も返済されなくなります。

 

返済が終わるよりは、減額に応じたほうが得策と考えるのです。

 

しかし、借金の減額方法は人それぞれであり、ギャンブルでの借金の場合は自己破産が出来ないこともあります。

 

あなたの借金が減額できるかどうか知りたいなら、借金解決シミュレーターがオススメです。

 

キャッシング 無料 相談

 

匿名で利用できますし、住所も不要です。
そして何より、弁護士に無料相談ができます。

 

自己破産 弁護士

 

借金の減額方法には、任意整理・特別調停・個人再生・自己破産などがあります。

 

どれでも好きな方法を選べるわけではありませんし、裁判所への申請などもあります。

 

自分だけで金融業者や裁判所と話し合って、書類を揃えて提出するのは難しいです。

 

それに仕事をしていたら何度も裁判所に行く時間も取れません。

 

まずは無料相談して、心強いパートナーを見つけてみませんか?

 

 

借金問題相談ダイヤル

サルート法律事務所の詳細

サルート法律事務所

サルート法律事務所の借金相談ダイヤルでは、次のような悩みにお応えできます。

もう借りられない、借金が全然減らない、一括請求の通知が来た、裁判所から通知が来た、住宅は残したいなど。
今すぐ知りたいことを相談できます。

 

0120-315-641

無料相談 24時間対応 携帯電話OK

 

 

 

息をするだけでもお金がかかる日本

 

日本は治安が良くて女性1人で夜に出かけても危険に目にあうことはほとんど考えられません。日本のサラリーマンがよく酔っ払って道に寝ていたり、終電で眠りこけているのをよく見かけますがあれも日本ならではだと聞きました。
外国では酔っ払って道にねていたら、身ぐるみはがされてもおかしくないそうです。

 

そのくらい日本はまだまだ安全なんですね。
しかし、その安全に税金がかかっています。警察官や消防士、道路にあるガードレールや信号などもすべて税金があるから安心して暮らせます。

 

どんなに借金をして自己破産をしても、税金だけは免除になりません。税金は払う義務があるので、日本に住む限りは支払わなければならないのです。
子供ですら消費税を払っています。

 

税金は肩代わりしてくれないので早く払って大国に帳消しにしてもらおうなんて思わず、報酬が返還されることはないので訴訟を考えたりするのはやめましょう。

 

お酒を飲めば酒税、タバコを吸えばタバコ税、車に乗れば車両税、家を持てば固定資産税、お金を相続すれば相続税、住んでいる地域には住民税を支払います。
とにかく息をするだけでも、税金がかかっているのではないかと思うほどです。

 

離婚するとお金がかかります。サラ金なんかよりもよっぽどブラックになった期間を思い描きます。上手に踏み倒しをすることなく慰謝料は返すことがフェアに保護されるべき人がいるのですから民事で対応していくことが多いですね。

 

返済不能になる前に税金は払いましょう。借金まみれになってしまったら弁護士にはらう給料分も用意できなくなってしまい見を滅ぼす恐れがあります。取り立てはこわいですからね。依存する前に銀行などのしっかりとしたところに融資を申し込んで無職にならないようにするとその後が楽になります。パチンコにのめりこんで依存する
ことがないように法律の専門家の事務所に手続きをして新しい世界のスタートを切りましょう。

 

税金は減らない

人口の減少に歯止めがかからない現在、税金もその分確実に減りますから何とかして補わなければなりません。それが消費税10%だったり。

 

借金をしているから税金が払えず滞納している人が結構いますが、税金は免除されないので先に支払ったほうがいいです。借金は払えなくなったら債務整理という方法がありますが、税金にはありません。
金額の大小かかわらず税金は減らすことが出来ない債務ですから、延滞することなく期限内に全額完済することは一括で支払う悩みでもありますが、成功するとなくなるものでもないです。
お金の支払い方で将来が随分変わりますので、ご注意くださいね。

 

 

何でも電子カード払い

 

日本は現金が無くても、買い物ができる環境が多いですね。
カード払い、キャッシングだけでなく、suicaやWAON、PASMO、楽天Edy、Nanacoなど様々な電子マネーがあります。

 

便利な電子マネーは自分でチャージした分だけを使えば問題ないのですが、オートチャージ機能を使っていると結局クレジット会社にお金を借りて決済したことになります。
便利な電子マネーの使いすぎで、結局借金が増えることになるのです。

 

現金が無くても、欲しい物が買えてしまう・・・ということは金銭感覚を麻痺させますね。
ボーナス払いをあてにして大きな買い物をすると、ボーナスが出なかったときに大変なことになります。

 

普段から自分の稼ぎと、カード払いの支払いをチェックして無理な返済計画になってないか考えましょう。
面倒くさくなってどんぶり勘定になると、借金はあっという間に増えてしまいます。

 

電子マネーの使いすぎにもお気をつけください。

 

借金の時効

 

借金には時効があるのを知っていますか?
実は借金は5〜10年経過すると、時効が成立するのです。

 

借りた相手が親・友人・知人であれば10年、銀行やキャッシングなどの金融業者なら5年で時効となります。
しかしいつから時効なのかは、まったく返済していないのか1回でも返済したことがあるのかで異なります。

 

@全く返済していない場合で、返済期日がある場合:返済期日の翌日から
A全く返済していない場合で、返済期日がない場合:貸した日の翌日から

 

B1回以上返済している場合で、返済期日がある場合:最後に返済した次の返済期日の翌日から
C1回以上返済している場合で、返済期日がない場合:最後に返済した日の翌日から

 

ただ時間が経過すれば借金が時効を迎えることになるわけではありません。
返済していない状況が続いていることと、消滅時効を利用することを貸主に伝える必要があります。

 

しかし、貸した方としては突然書類が送られてきて「借金は時効になり無くなりました。」と言われても納得できませんね。
貸主が時効を止める方法ももちろんあります。
簡易裁判所に訴える・債務の承認をすると再び時効をやり直し・とりあえず差押えをして裁判で戦うなどの方法があります。

 

ですから、借りたお金は返さなくても時効を待てばいいという簡単な話でもないのです。