キャッシング 借金 リボ払い

分割払いとリボ払いは全然違います。

クレジットカードで高額な買い物をしたら、返済方法を分割払いにするかリボ払いでするか、迷いますね。
一見するとどちらも大差がないように感じます。

 

しかしこの2つは大きく異なりまして、特にリボ払いは注意が必要です。

 

例えば20万円の買い物をカードでしたとします。
5回払いの分割払いの場合は、1回あたり(4万円+金利分)の返済となります。
そして、リボ払いも同じです。

 

そして翌月にも20万円の買い物をカードでしたとします。
同じく5回の分割払いにした場合は1回あたり(4万円+金利)の返済と前回の返済分が足されて、1回あたりが(8万円+金利)になります。
続けてカードを使った分、支払いがきつくなるのです。

 

リボ払いは違います。
リボ払いはずっと1回あたり(4万円+金利)で、返済年月が伸びて10回となるのです。
一見するとリボ払いのほうが楽そうに見えませんか?

 

しかしこれが何か月も続くと、返しても返しても借金が返せなくなり、かなり高額の金利を返済することになるのです。
分割払いとリボ払いは違いますし、リボ払いは返済の額が少ないことに安心して使いすぎる傾向があるので、注意が必要です。