ローン 抵当権

住宅ローンと抵当権

住宅ローン 抵当権

 

もし住宅ローンが払えなくなったら、家を手放せば良い。
そう思って35年ローンを組んで、マイホームを手に入れる人も少なくないと思います。

 

そのくらい先の見えない返済計画だということです。

 

しかし問題はそんなに簡単ではないのです。
なぜなら住宅ローンを銀行に借りた時点で、その建物は銀行のものだからです。

 

つまり抵当権です。

 

抵当権とは銀行などの金融機関から住宅ローンを組んでお金を借りる際、もし返せなくなった時の為に代わりとなる不動産(土地・建物)をあらかじめ「担保」として設定する事です。

 

抵当権が銀行にあることで、自分で好きに手放す事はできないのです。

 

自分の意思で家を処分したい場合は、まずは銀行との話し合いで抵当権を外してもらってから、任意売却することになります。

 

しかし銀行が抵当権を外すのを拒んだ場合、裁判所経由で強制的に家を売却される競売になります。
競売は相場よりもだいぶ安く売りに出される可能性が高いので、下手をすると家を売ったのに住宅ローンだけがたくさん残るということに。

 

競売の手続きは、住宅ローンが滞ってから約3ヶ月何も連絡しなかった場合に行われると言われています。

 

住宅ローンに支払いが無理と感じて、家を手放したいと思ったらすぐに銀行に相談しましょう。

 

 

トップページ > キャッシングの借金を弁護士に無料相談する方法