キャッシング 借金 ブラックリスト

ブラックリストと借金

映画やドラマでもよく出てくる「ブラックリスト」
金融においてのブラックリストというのは、信用情報機関に登録されてしまうことを言います。

 

借金の返済が滞るとブラックリストに名前が載ります。
これはつまり「この人は過去にクレジットカードの返済が滞ったり、任意整理・自己破産などの手続きを行った」という記録です。

 

お金を借りた金融機関以外の金融機関にも、借金を返さなかった過去があるというのがバレてしまうのです。
ではブラックリストに載って何が一体困るのでしょうか?

 

それはやはり、新たな借金はもちろんクレジットカードでの精算も出来なくなることです。
住宅ローンはもちろん、カーローンや教育ローンなど将来必要になる可能性があるローンも組むことができません。

 

何を買うにしても現金を用意しなければならないのです。どんな高額なものを買うときでもです。
キャッシングも出来ません。簡単なようでなかなか大変です。

 

しかしブラックリストに載ったからといって、一生そうというわけではありません。
信用情報機関に名前が登録されてしまっても、ある一定期間を過ぎると自動的に削除されます。

 

信用情報機関にはいくつかありますが、約5〜10年で削除されるようになっています。

 

この期間を過ぎると再びクレジットカードを作ったり、ローンを組むことが出来るようになりますので、その後は慎ましく生活してくださいね。
借り入れも返済も計画的に行いましょう。

トップページ > キャッシングの借金を弁護士に無料相談する方法