浪費型 不況型 借金

浪費型と不況型の借金

 

借金には種類があります。

 

無計画に借り入れをしたり、ギャンブルによって出来た借金のことを「浪費型」と呼びます。
これは完全に自業自得といえる借金で、同情できません。

 

これに対して、景気の低迷による減給やリストラ、会社の倒産などによってもたらされる借金のことを「不況型」と言います。
こちらには非常に同情します。

 

日本経済は増税・増税なのに対して、給料が上がらないので今まで生活できていた人々も生活が苦しくなっていますね。
原材料の高騰や人件費の高騰で物の値段が上がるのに、給料はそれほど反映されません。

 

そんなわけで、今は浪費型の借金よりも不況型の借金が多くみられます。
景気が良いときに借りた住宅ローンや教育ローン、マイカーローンなどの固定費が、真綿で首を締めるような結果になっているのです。

 

ボーナスがカットされたために、仕方なくキャッシングをしてボーナス返済に宛ててしまう人も。

 

もしこれらのローンの返済計画に無理が生じたのであれば、速やかに銀行に相談しましょう。
それでも解決をみない場合はお金の専門家に相談しましょう。

トップページ > キャッシングの借金を弁護士に無料相談する方法